ニュース・話題

エアフォースワンが伊丹空港でまさかの逆ラン離陸!ヤバすぎる理由は何?

飛行機
大阪で行われていたG20が終わり、トランプ大統領を乗せた専用機「エアフォースワン」が伊丹空港から飛び立ちました。 しかし、ギャラリーを尻目に、滑走路をまさかの逆ラン離陸したという事で、驚きと残念という声が溢れています! エアフォースワンが逆ランしたのはなぜ?理由がヤバすぎる? 今回は、この気になる話題を探ってみました!

エアフォースワンが滑走路を逆ラン離陸!

エアフォースワンを見るために集まったギャラリーを尻目に逆ランして離陸していったそうです。 1000名越えの人が。。。残念でしたね。 ところで、どうして逆ランしたのでしょうか?その理由はいったい何?

伊丹空港で逆ランってよくあるの?

伊丹空港で、通常と反対の向きになる逆ラン(逆ランウェイ)と言われる14(ワンフォー)を採用するのってどんな時なんでしょうか? これは、伊丹空港周辺に吹く風の影響によるものが大きいです。 飛行機は横風・追い風に弱いので、記者会見で離陸が少し遅れたエアフォースワンが飛び立つ際に風向きが変わった可能性がありますね。 でも、伊丹空港で逆ランが採用されるのは、実は年間発生率3%という超貴重なケース。 それとは別の可能性だってもちろんあります。

エアフォースワンが逆ランした理由がヤバイ?

エアフォースワンが逆ランしたのには、風邪の影響だけとは言えない理由があるとも考えられます。 予想されるのは、やっぱり警備上の問題じゃないかと。 日本の滑走路上で何かあると大変だと思うので。。。 有名スポットの千里川土手を封鎖していたんですね! となると、逆ランは風向きなどではなく事前に決まっていたことになりそうです。

残念だけどレアショットが撮れた?

日頃とは全く逆の走行という事で、残念だった人もたくさんいたとは思いますが、それでも普段なら絶対に取れない角度で撮影できたと喜んでいる人もたくさんいました。

さいごに

めったに見られないエアフォースワン。見に行った人たちは、より貴重な体験になったんじゃないでしょうか? 逆ランしたのはやっぱり警備上の問題だと思います。 何事もなく離陸されてよかったですね!