ニュース・話題

長男殺害の元農水次官が懲役6年実刑は重すぎ!理由がクソすぎた!

長男殺害の罪に問われていた、元農水相次官の熊沢英昭被告の判決が出ました。

誰の目からも、同情の余地のある今回の事件の判決。

それなのに執行猶予なしの懲役6年の実刑判決は、思いもしないほど重すぎる!

どうして執行猶予がつかないの?

いくらなんでも検察側の主張はクソすぎる

長男殺害の元農水相次官の判決が重すぎる!

東京都練馬区の自宅で44歳の長男を刺殺したとして、殺人罪に問われた元農林水産事務次官の無職、熊沢英昭被告(76)の裁判員裁判の判決公判が16日、東京地裁で開かれた。中山大行裁判長は懲役6年(求刑懲役8年)を言い渡した。

起訴状によると、6月1日午後3時15分ごろ、自宅で長男の英一郎さんの首などを包丁で多数回突き刺し、失血死させたとしている。熊沢被告は「息子を刺し殺した」と自ら110番通報した。

引用:産経新聞

え?懲役6年の実刑判決ってどういうことだよ。これはいくらなんでも重いやろ
執行猶予つきでいい事件では。父親としても、今相当苦しんでるだろうし

かわいそう!量刑を求める弁護側・嘆願書もあり!

熊沢被告はこれまでの公判で、事件当日も長男に「殺すぞ」と言われ、「反射的に包丁を取りに行き、胸や首を刺した」「刺さなければ私が殺されたと思う」などと説明。弁護側は最終弁論で「発達障害のあった長男を長年にわたって献身的にサポートし、良好な関係を築くよう努力してきた」とし、「恐怖の中、自らの命を守るために殺害した」として情状酌量を求めた。

引用:産経新聞

検察側の人間は、同じ立場になっても絶望しないんだろうか?娘さんも、この長男のせいで自殺したって言うし。
報道を見る限りでは、両親とも根気よく長男に付き合ってきたと思う
他人に被害が向かないように手をかけたんだろ?情状酌量の余地あるだろ

検察側の主張がひどい!量刑無視?

検察側の主張は、捜査したとは思えないほどひどくないか?と言うものでした。

検察側は13日の論告で、長男の首や胸には36以上の傷があったとし、「被告は強い殺意に基づき、不意を突いて一方的に攻撃した」と指摘。長男からの家庭内暴力が事件の背景にあったと認めつつ「経済的に安定し、長男の主治医や同僚らに相談することもできた」として他に解決する手段があったと主張した。

引用:産経新聞

そりゃ、殺害はだめだけど、そこまでのいきさつ考えてやってよ
この家庭には同情しかない。他の解決手段とか、他人が簡単に言うなって思うよね
絶対に控訴するべき。ちゃんと裁判をして欲しい

熊沢被告は、息子を手にかけてしまったとはいえ、それまでは長く長男に寄り添っていたように感じます。

可哀想な事件です。