ニュース・話題

真鶴まなづる小6が体育の授業で失明!器具自作の教師は誰?顔画像は?

神奈川県真鶴(まなづる)町の小学校で、6年生の児童が体育の授業中の事故で失明していたことが分かりました。

その授業では、教師の自作器具が使われていたことが判明。

こんなことあるなんて信じられないけど、どんな授業で自作の器具を使っていたの?

授業を行っていた教師は誰?

顔画像はある?

早速見てみましょう。

神奈川県真鶴(まなづる)小学校で失明事故

神奈川県真鶴町の町立小学校で今月上旬、体育の授業で走り高跳びの練習中に6年の男子児童が左目を失明する事故が起きていたことが22日、分かった。

町教委によると7日午後3時ごろ、6年生約40人が体育館で走り高跳びの練習をしていたところ、バーを支える高さ1メートル超の支柱の先端が男児の左目に当たり、眼球を負傷。搬送先の病院で失明と診断された。

引用:神奈川新聞

授業中の事故。。。小6なのに失明なんて可哀想
こんなの自分の子供だったら許されないこと!可哀そうすぎる

体育の授業中に自作の器具を使っていた

授業で使う器具を自作していたとの事なんですが、どんなものを使っていたんでしょうか?

高跳びの器具は同校の教員が園芸用品を代用して自作していた。

当時は体育の授業中で、子どもたちは複数のグループに分かれて練習。器具は先のとがった園芸用の支柱2本を児童が支え、約30センチの高さにバーに見立てたゴムひもを張っていた。男児が事故に遭った際、担任教諭は別グループを指導していたという。

引用:神奈川新聞

 

これ。。。両側で支柱を支えていた児童も責任感じてしまうよね。一生心の傷になりそう
園芸用の支柱って、あの緑の棒か?確かのあの先までは気にしてなかったのかもしれないな

体育の授業をしていた教師は誰?顔画像は?

器具を手作りして授業をしていた教師は誰なんでしょうか?

この真鶴小学校の小学校6年生の担任という事だけは分かっていますが、それ以上の詳しい情報は分かりませんでした。

痛ましい事故なんですが、この先生は、グループに分けて練習ができるように工夫がしたかったようにも感じます。

なるほど。これも一理ありますね。

ですが、こんなコメントも。

もしかしたら熱心な先生だったのかも、と推測すると、何とも悲しい事故になってしまいました。

とにかく、今後はこんな事故が無くなるように対策をとって欲しいところです。

そして、この事故に遭った6年生の男子児童が少しでも元気にこれからを過ごしてもらえたらと願ってしまいます。

ここまで、お読みくださり、ありがとうございました!