ニュース・話題

真鶴小6年児童の失明事故は誰が悪い?器具を自作の理由は?予算ないの?

神奈川県真鶴町の町立小学校で、体育の授業中に6年生の児童が失明するという事故が起こってしまいました。

この事故では、担任教師が自作の器具を使っていたことが原因とされていますが、本当にそれだけが悪かったんでしょうか?

そもそも、どうして自作の器具を使っていたの?

学校に予算がなかったから?

今回の失明事故はいったい誰が悪いのかみんなの意見や見方は?

早速見てみましょう!

真鶴まなづる小学校で授業中に失明事故

神奈川県真鶴町の町立小学校で今月上旬、体育の授業で走り高跳びの練習中に6年の男子児童が左目を失明する事故が起きていたことが22日、分かった。

高跳びの器具は同校の教員が園芸用品を代用して自作していた。神奈川新聞社の取材に、同町教育委員会の牧岡努教育長は「起こしてはならない事故。教育委員会と学校の責任を感じる。申し訳ない」と説明。児童のケアと再発防止に努める意向を示した。

引用:神奈川新聞

購入した機材じゃないものを使っていたのか
こわっっ!自作の器具を体育で子供に使わすって、どういうこと!?

体育の授業中に教師の自作の器具の使用が事故原因

この事故では、教師が自作した器具が使われていたみたいですね。

町教委によると7日午後3時ごろ、6年生約40人が体育館で走り高跳びの練習をしていたところ、バーを支える高さ1メートル超の支柱の先端が男児の左目に当たり、眼球を負傷。搬送先の病院で失明と診断された。

当時は体育の授業中で、子どもたちは複数のグループに分かれて練習。器具は先のとがった園芸用の支柱2本を児童が支え、約30センチの高さにバーに見立てたゴムひもを張っていた。男児が事故に遭った際、担任教諭は別グループを指導していたという。

引用:神奈川新聞

先生も30センチが飛べないとは思ってなかったという事よね
40人全員に目を配るのは、さすがに難しそう。

園芸用の支柱って、野菜の支柱にしたりするあの棒を使ってゴムひもを張らせたいう事でしょうか?

自作の器具はどうして必要?学校の予算がない?

そもそも、教師が授業で使うものを自作しなくてはいけないって、どういう状況なの?

国語や算数の教材を手作りするのは見たことあるけど、器具って怖くない?

専門の器具を使わないのは論外。 指導要領で必須なら町は予算をつけるべきだし、そうでなければ高跳びは外す選択肢もある。
結局、体育教材・備品を買う金が自治体にないのかな?
指定器具の購入予算が無かったのか
安全性を一番にしたいのであれば器具は専門の業者から仕入れるべきだったんだ。

教師は悪くない?結局誰が悪い?

この事故の起こった授業では、先生がいくつかのグループに分けて高飛びの授業をしていたそうです。

みんながまんべんなく練習できるように、という配慮が裏目に出てしまった可能性がありますね。

予算があったのか?

授業で使うものが足りなくて教師の手作り器具になったのか?

これは、今後の調査次第だと思いますが、子供の安全のためにも、授業に必要なものはしっかり予算を撮って欲しいと思います。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました!