お笑い

宮迫博之には需要なし!?それでも引退・解雇しない理由がヤバイ!

闇営業をしていたことが発覚した宮迫博之さん。反社会勢力のパーティでお金を受け取っていないと嘘をついたことで、さらに窮地に立たされました。

世間からは、もう引退しろ!と厳しい声が出ている中、会社も本人も「謹慎」という形をとっています。

解雇ではなく謹慎なのは何故?調べてみるとヤバすぎる事情が浮かんできました。

今回はその内容を記事にしたいと思います。

宮迫博之は解雇でいいよ!

闇営業や過去の不倫問題で、宮迫博之さんは世間から相当不信感を持たれてしまったようです。


ちょっと天狗になってしまったんでしょうか?何だか、好きじゃないという人結構いますよね。

お笑い芸人として、これはどうなんでしょうか。

芸能界を引退しない理由とは?

所属事務所である吉本興業も、もう本当は解雇させたいのかもしれないですが、そうもいかない事情がありそうです。

その一つ目の理由が「家族のため」。

宮迫博之さんは、ちょっと怖めの奥様と息子さんが家族にいます。

家庭があるとなると生活ももちろん大変になってしまうので、簡単には辞められないんでしょうね。

これは、まぁ、普通に思いつくことですが、もう一つヤバすぎる理由がありました。

辞められない理由は映画に出ていたから

宮迫博之さんは、実は映画にも出演していたそうです。

その映画とは。。。「アベンジャーズ/エンドゲーム」の中で弓術の達人ホークアイの声を吹き替え担当しています。

アメリカと言えば、契約に厳しい国。

もし解雇となれば、吉本興業に対し違約金が発生することになっちゃいます!

その金額は100億円とも言われていますので、何とか規約違反にならないギリギリのところで押さえたいのだと思います

宮迫博之さん自身、吉本興業側からも引退という選択肢はないのかもしれません。

さいごに

闇営業のことも、過去の不倫のことも正直に話していたら、世間からはもうちょっと違った反応だったかもしれませんが、これからはちょっと厳しそうです。

この話題の進展次第だと思いますが、今後はすべて正直にお話していった方がいいのではないでしょうか。