テレビ

【なつぞら】子役週終了で「小なつロス」の声が相次ぐ理由が泣ける!

【なつぞら】小なつロス

NHKの朝ドラ100作目の記念作品である「なつぞら」。

主演の広瀬すずちゃんの演じる「なつ」の幼少時代が終わり、来週から大人になったなつが登場することが分かりました。

これまで2週に渡りみんなを釘付けにしてきた小さい頃のなつが見れなくなることで「小なつロス」の声が広がっています。

その理由は何?みんなが泣ける理由を調べてみました!

「あおぞら」の子役パート終了!

子役パートの回も終わり、来週から大人になったなつの広瀬すずちゃんが登場します。


と、いうことでなつの幼少期時代の「小なつ」が終了!

これまで、なつの幼少時代である「小なつ」に釘づけになっていた視聴者たちの中で「小なつロス」になっている人が続出しています。

それはどうして?

その理由は、戦争孤児であるなつと、引き取られた家のおじいさんとの関係が大きく関わっています。

小なつとおんじの関係に泣ける?

なつが引き取られた家の長は、北海道開拓民1世の柴田家のおじいちゃん。とても厳しい人で、ほぼ無口なうえに、たまにしゃべっても口が悪い。

でも、苦労したからこその信念と優しさが見え隠れする素敵な役を草刈正雄さんが演じています。

おんじと呼ばれて視聴者からは親しまれていますが、このおんじと小なつのからみが最高に泣けると話題なんですよね!

なつが東京から兄弟と離れたった一人で引き取られてきた後も、口数少なく心に響く言葉をかけて、なつを受け入れてきました。

このシーンの後、小さいなつは自分の心をだんだんと見せられるようになってきました。

おんじの力はすごい!

小なつがついに「おじいちゃん!」と呼んだ!

厳しいおんじに、友達のために開拓を助けてと頼んだ時の小なつ。

この一生懸命な姿におんじが動かされましたね!

そんなこんなで、心をひらいでぶつかって行くことができるようになった小なつとおんじ。

ずっと遠慮して「おじいさん」と呼んでいたおんじのことを、小なつパートの最後の最後で、「おじいちゃん」と呼んで抱きつく素敵なシーンが用意されていました。


このときのおんじの表情も最高!に優しい笑顔で本当にあったかいシーンにみんなが泣けました!

小なつとおんじの関係に涙する人が続出!

なつぞらの幼少期があまりにも内容が良くて毎日泣いてました。 小なっちゃんとおじいちゃんのやり取りに心打たれるものがありました。 小なつちゃん、ありがとう
NHKに物申す 朝から泣かさないで欲しい 朝飯の味が分からない じっちゃんとなつの演技が・・ 他人の朝飯を邪魔するな!
家族にも厳しいおんじが小さいなつを「優しくなく」見守ってる姿に心打たれてた
ここで生きていくしかないなつのことを実は誰よりも分かっていたのはおんじ。だから一言一言が重く刺さるんだな。
小なつちゃんが見れなくなるのが淋しい… 草刈正雄さんのおじいちゃんも良すぎてやばい…

小なつに終了に惜しむ声!

来週からなつはすずちゃんかぁ もう子役の女の子とおんじのシーンは見られないのか
確かに若干「何で私には家族がいないの」って本音を吐き出す演技は秀逸だった
なっちゃんが初めて「おじいちゃん」って言った……!と思ったらもうここでお別れか~(; 😉 完全に小なつロス。。 改めて、どんなシーンも素晴らしい演技でした!
朝ドラや大河で人気の登場人物が出なくなったと時に言われる「〜ロス」に「ロスロスうるせーなぁ」と若干思ってましたが…「小なつロス」は同意。
スピンオフ…小なつ・泰樹さん・山田家のその後、観たいなあ
どのシーンも切なくて温かくて良かった!小なつちゃん見れなくなるのがさみしいな。

この記事のまとめ

ここまで2週間、戦争孤児から北海道で見知らぬ土地・人に囲まれて不安だったなつが、大きく育つまでの重要な役を涙を誘う抜群の演技で見せてくれた小なつちゃん。

私も、いつもウルウルしながら見ていました。何か、心にきゅ~っと来るんですよね。

小なつロスになる人が続出するのも納得です!