ニュース・話題

ノートルダム大聖堂のステンドグラスの再建・再現は無理!理由がヤバい!

【ノートルダム】ステンド不可

フランスのパリ・シテ島にある世界文化遺産のノートルダム寺院の大聖堂が大火災という大変なことが起こってしましました。大聖堂の尖塔(せんとう)も焼け落ちてしまう衝撃的な映像も流れていました。

ノートルダム大聖堂といえば、とても有名なのが美しいステンドグラス。このステンドグラスがどうなったのか?再建できるものなのか?

今回はこの話題を調べてみたいと思います。

フランス・パリのノートルダム大聖堂が火災

パリ中心部にあるノートルダム寺院で15日午後、大規模な火災が発生した。12世紀に建設が始まった寺院は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に指定されており、毎年多くの人が訪れるパリ有数の観光名所。

火事はこの日夕方に発生し、大聖堂の屋根がほぼ全焼したほか、尖塔も倒壊。消防隊がなお消火作業を続けており、目撃者によると、寺院があるシテ島は避難指示が出たという。

建物の骨組みと2つの主要な鐘楼の倒壊は免れた。

引用:ロイター

焼失してしまったのはどの部分?

これまでに衝撃的な映像として報道されている通り、かなりの火の強さで大火事と言ってもいいほどの火災になりました。

そのため、尖塔が焼け落ち、大聖堂の屋根がほとんど全焼してしまったようです。

このような姿は、もう見られないという悲しいことになってしまいました。

無事だった部分は、この方のツイートにて翻訳されていました。

バラ窓というのは、あまりにも有名なステンドグラスの大窓のことです。

火事が起こった原因は何?

ここで、誰もが気になるのはどうしてこれほどの火災が起こってしまったのか?ということ。

もしかして、防火されたの?という恐ろしい考えも頭をよぎりましたが、現在の報道では、改修工事が原因で火災が起こったのでは?という情報が出ています。

ノートルダム大聖堂では、現在改修工事を行っていたそうで、その工事中に使っていたはんだごてが火災の原因だと言われています。

ノートルダム大聖堂は再建・修復されるの!?

フランス政府がすでに再建を表明しているのですね!

これまで世界中の人が、癒されその美しさに感動してきた大聖堂なので支援の輪が広がりそうです。

そして、現在の科学とデータの蓄積・研究によってかなり精巧に復元できるのでは?と想像できます。

世界中の歴史専門家や建築家が、全力で再建のために知恵を出し合い、元の姿に戻すための協力をするのではないかと期待してしまいます。

ステンドグラスが爆散してしまう

さて、気になるのがあの美しいステンドグラスがどうなったのか?という事です。

ノートルダム大聖堂の象徴ともいえるステンドグラス。


実際に見たことはないのですが、テレビや写真で何度も目にしたことがあり、いつか自分の目で見たいと思っていたのですが、、、その前に火事になってしまい残念です。

ですが、嬉しいことにその後の調査で、あの美しいバラ窓は3つとも無事だったと分かりました!

その他のステンドグラスは、火事の影響で爆散してしまった部分もあるようです。

ステンドグラスの再建は無理かも!

残念ながら、かなりの場所でステンドグラスの窓が爆散してしまったようです。

ステンドグラスももちろん再建して欲しいのですが、難しいかもしれないようです。

その理由は、、、

  • 時間(経過時間)
  • 技術
  • 仕様薬剤(劇薬)

これらの理由で、完全再現は難しいと言われています。

現代の科学をもってしても、同じものを再現するのは難しそうです。

こんな意見も

ノートルダム大聖堂の火災のニュースに思わず声が出ました。 8年前くらいに行ったので写真は画質が…ですが、ステンドグラスが本当に美しいところだった。 再建できるのかな。。
ノートルダム大聖堂再建。 寄付します。 ステンドグラスが一部でも無事であればいいな。
数年前に行ったノートルダム大聖堂ステンドグラス、綺麗だったなあ…修復の見込はあるようで、またの再建を望みたい…
ノートルダム大聖堂が火事…新婚旅行で行ったけど、あの荘厳な雰囲気と素敵なステンドグラスは他にないと思った。再建できるといいなぁ。
ステンドグラスは爆発消失と書かれていた。 学生時代に気ままに一度、最近仕事で行った時にもう一度、パリでは他は寄らなくてもノートルダム大聖堂にだけは行って、中でぼーっとした。教会独特の雰囲気に浸るのが好きで。 再建されるよね? 少額でも寄付したい。 早く鎮火されますように。

この記事のまとめ

フランスにはまだ行ったことがないのですが、いつか自分の目で見てみたかったノートルダム大聖堂のステンドグラス。

もう、同じものは目にできないことにショックが大きいです。。。

しかし、より近いものを再現できることを期待しています!