ニュース・話題

追手門学院で「腐ったミカン」パワハラ外部講師は誰?会社や顔写真は?

追手門パワハラ1

パワハラが社会問題になっている昨今ですが、今度は追手門学院の職員研修で人格を否定するようなパワハラが行われていたようです。

そのパワハラとは、研修の外部講師が「腐ったミカン」発言をしていたとの事で、研修後実際に退職者も出ているようです。

職員をここまで追い込んだ外部講師とは誰なんでしょうか?また、どこの会社の人間なんでしょう?

今回は、この話題について調べてみたいと思います。

追手門学院でパワハラ研修

大阪府内で大学などを運営する学校法人追手門学院が2016年に開いた職員研修で、外部の講師が「腐ったミカンは置いておけない」などの厳しい言葉を各受講者にかけていたことがわかった。

複数の受講者の証言などによると、学院は16年8月22~26日、追手門学院大学(大阪府茨木市)などの事務職員18人を大阪市内のビルに集め、「自律的キャリア形成研修」を開催。講師は東京都内のコンサルタント会社が担い、学院幹部らが入れ替わり立ち会った。

講師は「自己改革」などをテーマに1人ずつ、受講者全員の前で発表させ、その場で講評した。

その際、受講者の一人に「腐ったミカンを置いておくわけにはいかない。まだ少しは可能性があって頑張ろうとしているミカンも腐ってしまう」と発言。ほかの受講者にもそれぞれ「あなたが一番、参加する意欲、姿勢が曇っている。よどんでいる」「負のオーラばっかりだ」「あなたは要らない」などと言った。

引用:朝日新聞DIGITAL

これは、、、。

恐ろしい研修ですね。

そんな、恐ろしい研修を開催してしまった、追手門学院とはどんな学校なのでしょうか?

追手門学院ってどんな学校?

追手門学院とは、一体どんな学校なんでしょうか?

学校名 学校法人 追手門学院(おうてもんがくいん)
所在地(本部) 大阪府茨木市西安威2丁目1番15号
学校組織 幼稚園・小学校・中学校・高等学校・大学
教育理念 独立自・社会有為
卒業生(著名人) 円広志(タレント)・宮本輝(小説家)・六車奈々(タレント)

吉田胡桃・巽樹理(シンクロナイズドスイミング選手)

幼稚園から大学まである総合学園だったんですね。

これだけ大きな学校だったら、相当な人数の職員がいるのではないでしょうか。

研修で人格否定。これってアリ?

研修に参加していた事務職員などというと、人前で発表させられること自体が慣れていないので、ただでさえ緊張してうまく話せない場合もあると思うのですが。。。

【自己改革】のテーマで発表という事を、職員たちは事前に知らされていたのでしょうか?

私だったら、突然大人数の前で話せと言われても、頭が真っ白になって言葉が出てこないかもしれません。

それで「意欲が曇っている」などと人格否定されるようなことを言われても「ただの緊張だ!」と思いたくなってしまいますね。こんな研修をしていることを学校は知らなかったんでしょうか?

パワハラ研修の内容、追手門学院側は知っていた

学校側は、この研修の内容を把握していたんでしょうか?当日は、「学院幹部が入れ替わり立ち会った」そうなので、当日講師が暴走してしまったのかな?とも思いはしたのですが。。。

研修の中で学院側は、内容を講師と事前に精査し、「全権委任している」と説明。

なんと!事前に講義の内容を打ち合わせしているじゃないですか!学校側もパワハラ抗議を把握していたというのは問題じゃないでしょうか?

それにしても、「腐ったミカン」発言をした外部講師とはどんな人物なんでしょうか。

「腐ったミカン」発言の外部講師は誰?

「腐ったミカン」の表現が分からない年代の人も多くなってきたのではないでしょうか。これは、武田鉄矢さんが主演をしていた「3年B組 金八先生」のドラマのクライマックスで使われていたセリフでした。

当時かなりの衝撃パワーワードで、話題になりましたね。

現在も使っているとなると、当時を知っている40代以上の人物だと思われます。

調べてみましたが、記事の通り、

講師は東京都内のコンサルタント会社が担い

とあるように、東京都内のコンサルタント会社の人物が行った、という事実以外何も情報は出てきませんでした。

おそらく、学校側からもコンサルタント会社からもどちらも情報を出さないと思いますので、講師が誰なのか?どんな顔なのか?など、分からない可能性も高いですね。

研修の中身から、職員リストラを請け負っているようにも感じます。

ただ気になるのは、こんなことではないでしょうか?

コンサル会社教えて欲しい! 余罪ありそう

講師の「腐ったミカン」発言に反発の声!

あの追手門がかよ……まぁ偏差値も元々そんなに大した事ないしあんまいい評判聞かなかったしなぁ
講師が腐ったみかんだったんだね。
金八の影響力って初代から40年近く経ってるのにすごいよね。 でも間違ってる上に変な影響受けた人が使っちゃったのかな?
結果として、講師として呼ばれた外部講師が「要らない腐ったミカン」でしたね。
外部講師は、腐ったみかんの中に”千両みかん”が混ざっていることを知らない。
ふざけた研修講師ですね。人間としてのマナーに重大な欠落があります。

学校側に対しても非難が殺到

こんな研修を開催した、学校側にも非難の声が上がっています。

この学院こそ腐ったミカン
腐ってるのは学校側と外部研修講師!
学校がブラック企業化しているのでしょうか?
腐った研修は、正しい研修もダメにしてしまうので、こんな講師は辞めていただこう。
腐ったミカンの方程式なんてまだ信じてる人が教育現場にいてるのが驚き。 中島みゆきさんの『世情』でも聞いて黄昏てなさい。
腐ったミカンの生産者は追手門学院大学そのものだったんだね。

この講師自体の人格がミカン成(未完)で恥ずかしい限り。

 

まとめ

追手門学院の職員研修が、驚くべきパワハラ内容だったという事です。

普通、研修というと「良くなりに行くもの」というイメージがあるのですが、この研修は人格否定という悪意しか感じられなかったですね。

こういった研修を開催してしまう、学院本部の幹部の方たちこそ正しい研修を受けたらいいのに!と思ってしまいました。