お笑い

パワハラ問題で吉本興業崩壊!?やめるのは誰?さんま?松本?加藤?

怒り

闇営業問題の対応をめぐって、圧力・パワハラが表面化した吉本興業。

所属芸人が出演する番組で、それぞれの想いをコメントする中で、今後の会社への考え方がバラバラで、吉本興業が崩壊するのでは?と予想が出ています。

それぞれのコメントってどんなの?まとめてみました。

闇営業問題で吉本興業のパワハラが発覚

闇営業問題を起こした宮迫博之さん・田村亮さんが、独自で開いた謝罪会見で、事務所である吉本興業から「謝罪会見は開かせない・やるなら全員クビ」と、言われたと暴露していました。

これには世間がびっくり!

田村亮さんの、涙ながらの「ファミリーというなら自分は子供。子供が悪いことしたら謝るのを背中を押すのが親。止められて不信感しかなくなった」

というコメントには賛同の声が多かったですね。

そこで、みんなが注目するのはこれからの吉本興業と芸人の関係はどうなるの?

会社の体制は?

現在テレビでコメントを出している芸人の意見をまとめてみます。

ダウンタウン松本人志は吉本に残る?

ダウンタウンの松本人志さんは、ワイドナショーの生放送の中で、前日の夜に吉本本社で話した内容の最後でこんな風に話していました。

大崎洋(会長)とずっとやって来ましたので。

昨夜「もしこれ以上、問題が大きくなったら自分の進退を考えなければ」と言っていたが、それはぼくは全力で止めます。

大崎さんいなかったら、ぼくも辞めますので。うちの兄貴なので。大崎さんが居なくなったら、ぼくは辞めますね。

社長が会見を開くことや、イエローカードの芸人を引き取る部署を作ってもらう約束をした後にこんなことを話していました。

会社が変わる前提で会長にのこってもらいたいということなんでしょうね。

明石家さんまさんはやめる?

明石家さんまさんは、ラジオ「ヤングタウン土曜日」の中でコメントしています。

「フリーになったんやから、できればウチの事務所に欲しい。どこかの事務所も狙っているかもしれんけど、ウチも声を掛けてみよう」と、自身の個人事務所「オフィス事務所」で雇う意向を明かした。

「会社、芸人サイドそれぞれの立場はあるけど、なにがあっても俺は芸人サイドの味方。

宮迫をフォローしたい」といい、

「そんなことを言うなら会社を辞めてくれ、と言われても仕方がない。契約してないから」とまで言い切った。

これは、宮迫さんの契約解除が発表された19日午後1時以降で、ロンドンブーツ1号2号・田村亮(47)と20日午後3時から緊急会見した以前に収録されているとみられます。

それでもさんまさんは、後輩芸人をフォローし、そのうえで会社との決別があっても仕方ないと思ってるみたいですね。

加藤浩次は怒って吠える!やめるかも!

加藤浩次さんは7/22放送のスッキリ!で、上層部に対しての不満をぶちまけました。

ここにはこんなコメントが、、、。

「若手芸人、ぼくもまだペイペイですけど、皆怖がっている。今の会社の状況、大崎さん、岡本さん、皆怖がってる。こんなんで楽しい笑いができるのか、今の体制で」と怒りをにじませると「何か文句あったら、文句じゃない、意見言ったら怒られるんじゃないか、潰されるんじゃないか。現場のマネジャーもそうです」と、意見もいえない社風になっていると指摘。

加藤は「これがずっと続いてた。これからもそれが続いていくと思ったらこの会社にはいられない。この体制、今の社長、会長体制が続くのなら僕は吉本興業を辞める」と断言した。そして「なぜなら皆、ずっと我慢して頑張ってやってきて、こんな浮かばれないこと起こってる。実際に大崎さんは何も知らないっていうけど絶対知ってる。この怒りをどこにぶつけていいかわからない」

加藤浩次さんは、大崎会長・岡本社長の辞任・交代を望んでいるようです。

確かに、宮迫さん・田村亮さんの謝罪会見ではかなりの圧力やパワハラぶりが暴露されていたので、この二人がいる以上は変わらないと考えるのも無理ないですね。

さいごに

お笑い事務所なのに、笑えない展開がづついてるのはシャレになりません。

大御所・ベテランと若手では、会社に対する印象も付き合い方も違うんだなぁ、といった印象です。

誰も、辞めずに吉本興業が風通しのいい会社になればいいのに!

世代交代はしていくものなので、若手がのびのびお笑いに向き合えるような事務所になってほしいなぁ、と願わずにはいられないですね。